文字サイズ:

ご挨拶・理念ときわ会グループ

一山一家

ご挨拶

常盤峻士
常盤峻士

 ときわ会グループは、福島県いわき市を中心に、人工透析や泌尿器科疾患を主とする医療の他、介護福祉、教育・保育事業を展開するグループです。現在、病院が3施設、クリニックは6施設、介護施設が18、幼稚園1つ、保育園が2つ、更にフィットネスジムやムスリムの方を対象としたハラル認証の飲食店なども展開しています。
 また、国際協力事業として、EPAベトナム人看護師候補生、EPAインドネシア人介護福祉士候補生、介護分野における中国人技能実習生なども受け入れております。さらに、福島県浜通り初となる介護職種専門の外国人技能実習生監理団体も設立。今後必要となる医療・介護分野における国際化に向けた取り組みも行っております。

理念

「一山一家」
共生=地域の皆様と共に生きる

 グループ発祥の地である福島県いわき市は、かつて炭鉱で栄えた街でもあります。「一山一家」とは、その山・その炭鉱に関わる全ての人々が家族であるという考えのもとに生まれた言葉であり、山で働く炭鉱夫達だけでなく、彼らの家族も含め、強い連帯意識で結ばれているという思いが込められた言葉です。
 家族間でもコミュニケーション不足が叫ばれる昨今。震災後より深刻さを増すいわき市の医師・看護師不足、高齢化に伴う医療・介護への不安、放射線の影響による子育ての不安等、憂虞を探せば枚挙に暇がありません。ときわ会グループは一山一家の理念のもと、一人ひとりの従業員とその家族の心身の健康、そして地域の皆様の一人ひとりの健康を支え、健康で活力のある地域社会の構築に貢献します。