ときわ会

沿革 ときわ会グループについて

昭和57年3月 「いわき泌尿器科」開院。常盤峻士院長(当時)を中心とする19名のスタッフにより、泌尿器科と透析科を診療科目として、入院病床19床、透析ベッド30床でスタート。
昭和57年9月 「いわき泌尿器科」にて院内保育を開始。
昭和61年7月 「泉中央クリニック」開院。
平成元年11月 医療法人社団ときわ会発足。
平成8年3月 「介護老人保健施設 小名浜ときわ苑」開設。
平成10年1月 「富岡クリニック」「北茨城中央クリニック」開院。
平成17年8月 「余丁町クリニック」開院。
平成19年10月 「財団法人竹林病院」がときわ会グループに加入。
平成20年5月 「訪問看護ステーション きゅあ」開設。
平成20年12月 「いわき泌尿器科」が入院病床を22床に増やし「いわき泌尿器科病院」として開院。
平成21年4月 「学校法人志向学園金谷幼稚園」がときわ会グループに加入。
平成22年4月 いわき市立常磐病院を移譲され、「財団法人ときわ会常磐病院」開院。
竹林病院から「竹林貞吉記念クリニック」へ名称変更。
平成22年8月 「介護老人保健施設 楢葉ときわ苑」開苑。
平成23年3月 東日本大震災の影響により「竹林貞吉記念クリニック」「富岡クリニック」「楢葉ときわ苑」休院。
平成23年4月 入院病床の変更により、「いわき泌尿器科病院」から「いわき泌尿器科」へと名称変更。
平成25年3月 いわき市内郷に「介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑」開設。
平成25年7月 「ゆしまや保育園」開園。
平成25年11月 「サービス付き高齢者向け住宅Well」、「デイサービスセンタールピナス」開設。
平成26年4月 学校法人志向学園 金谷幼稚園が「かなや幼稚園」に名称変更。
「財団法人ときわ会」から「公益財団法人ときわ会」へと法人名称を変更。
平成26年8月 社会福祉法人光美会「デイサービスセンター 人生の里」「人生の里 居宅介護支援事業所」がときわ会グループと合併。
平成26年11月 「富岡町高齢者等サポートセンターいずみ(富岡町運営委託事業)」開所。
平成26年12月 「福祉用具貸与事業所 Needs」開設。
平成28年4月 「日東病院」を事業継承し、医療法人社団ときわ会「日東病院」開院。
公益財団法人ときわ会「先端医学研究センターRIIM(Research Institute of Innovative Medicine)」開設。
平成28年10月 「竹林貞吉記念クリニック」が診療再開。
平成29年4月 「富岡クリニック」がいわき市小名浜に移転し診療再開。
令和元年9月 公益財団法人ときわ会及び医療法人社団ときわ会が医療法人翔洋会の事業を継承。
公益財団法人ときわ会に「磐城中央病院」「小名浜中央病院」が加わる。
また、医療法人社団ときわ会に「介護老人保健施設ヘルスケアホームいわき」「グループホーム泉なごみの家」「訪問介護 泉なごみの家」「小規模多機能型居宅介護 いこいの宿」「サービス付き高齢者向け住宅 ケアレジデンス小名浜」「デイサービスセンター薬師前」「訪問介護 薬師前」「いわき七浜ケアプランサービス」が加わる。
「ときわ会 海外事業部」設立。
令和元年10月 「ゆしまや第二保育園」開園。
「公益財団法人ときわ会」と「医療法人社団 茶畑会」による地域医療連携推進法人「ふくしま浜通り・メディカル・アソシエーション」設立。
令和2年6月 「ときわ会 海外事業部」が監理団体の認可を受ける。
令和2年7月 「小名浜中央病院」から「小名浜中央クリニック」へ名称変更。
令和3年4月 社会福祉法人光美会が「広野町特別養護老人ホーム 花ぶさ苑」の指定管理事業者となる。
令和3年11月 「日東病院」がリニューアルオープン。
令和4年3月 「特別養護老人ホーム桜の園」がオープン。
令和4年4月 「トータルサポートセンターとみおか」がオープン。
これに伴い、「富岡町共生サポートセンター さくらの郷」がグランドオープンし、「社会福祉法人光美会」が指定管理事業者となる。
「長倉小ときわ児童クラブ」が開所。