文字サイズ:

整形外科「関節症・人工関節外来」整形外科「関節症・人工関節外来」

人工股関節手術・人工膝関節手術について

公益財団法人ときわ会 常磐病院では、股関や膝関節の人工関節置換術を行っております。不安な事や不明点などがございましたら、整形外科外来までお問い合わせください。

人工股関節手術・人工膝関節手術(人工関節置換術)とは?

中高年になると「下肢関節の痛みで歩行が困難になった」「思うように関節の曲げ伸ばしができなくなった」という方が多く見られます。このような方は、「変形性関節症」などの影響で、関節軟骨がすり減っている場合がほとんどです。
 「人工関節置換術」は、この摩耗した関節軟骨を取り除き、特殊な合金とポリエチレンでできた人工関節を用いて関節部分を置き換える手術です。主に「膝関節」「股関節」で行われています。

どのような場合に手術が必要?

関節軟骨が大きくすり減ってしまい、鎮痛剤やヒアルロン酸の関節内注入などの「薬物療法」、筋力訓練など「運動療法」、足底板などの「装具療法」でも痛みが取れない場合や、歩行が不安定になってきた場合に「人工関節置換術」を検討します。
手術を受ける方の年齢は人工関節の耐久性の問題から60歳以降が一般的な適応年齢と言われています。また、最近では40〜50歳代でも関節の変形が強い場合は、他の関節や腰椎などの状態、日常動作の状態なども参考にし、手術を行う場合があります。 

変形性股関節症(左) 人工股関節手術後(左)
   
変形性膝関節症(右) 人工膝関節手術後(右)

手術後について教えてください

術後は、定期的に診察を受けていただく必要があります。また、状況に応じて、手術後20年以上経過すると人工関節が緩み再度手術が必要になる場合もあります(人工関節の入れ替えを「再置換」といいます)。再置換術についても経験・研究が進み安全性が高まっています。

手術の回復期間、リハビリについて教えてください

通常、術後2〜3週間のリハビリで自宅に戻れますが、80歳以上の高齢者で変形の程度が重度、かつ手術前の歩行状態が悪い方などは更に1〜2週間かかる場合もあります。
退院時の歩行状態は、術前より回復している方がほとんどです。その後3〜4か月でさらに安定し杖が不要になっていることが多いようです。

手術を受けられる患者様へ

手術を受ける際に心配はつきものですが、多くの方が術後の経過とともに、日常生活に自信を持てるようになっております。心配な事や疑問点がございましたら、一度お気軽に医師や看護師、病院スタッフにお申し出ください。

診療日時

完全予約制です。再診の患者さまも予約を取ってお越しください。

診療日 月・木・金曜日
時間 9:00〜12:00
担当医 清水啓医師

予約される方は電話にて整形外科外来「関節症・人工関節外来の予約」とお申し付けください。
TEL:0246-43-4175

関節が痛い「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛みの情報をご提供するサイトです。こちらもご覧ください。

常磐病院

常磐病院

福島県いわき市常磐

診療科目

外科、内科、小児科、泌尿器科、放射線科、整形外科、腎臓内科、循環器内科、リウマチ・膠原病科、消化器内科、呼吸器内科、婦人科、麻酔科、人工透析内科、リハビリテーション科、救急科、血液内科

診療時間

9:00〜17:00(小児科18:30)
診療科・曜日によって異なる場合がございます。

外来休診日

日曜・祝日・年末年始・お盆休暇

看護師サイト

女性泌尿器科外来を開設しました