文字サイズ:

禁煙外来禁煙外来

禁煙外来とは

たばこをやめたい人向けに作られた診療科目です。以前は、健康保険の適用外となっていたため治療費を全額負担していただいておりましたが、現在は下記の条件を満たす喫煙者の方は、健康保険が適用されます。

禁煙治療の条件

健康保険を利用し禁煙治療を受ける為には、いくつかの条件が必要となります。それらの条件を全て満たすことで、保険診療で禁煙治療を行うことができます。

 

  • 初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙治療から1年以上経過している。
  • 直ちに禁煙する事を希望し、禁煙治療を受けることを文章で同意する。
  • 1日の喫煙本数と喫煙年数を掛けた値が200を超える(※例20本×10年=200)。
  • 下段のニコチン依存症診断用のスクリーニングテストで5点以上となる。

ニコチン依存症診断テストTDS(Tobacco Dependence Screener)

各設問に対し、「はい」または「いいえ」を選択してください。「はい」が1点、「いいえ」が0点となります。

はい いいえ
Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のような症状がありましたか?
  • イライラ
  • 眠気
  • 神経質
  • 胃のむかつき
  • 落ち着かない
  • 脈が遅い
  • 集中しにくい
  • 手のふるえ
  • ゆううつ
  • 食欲または体重増加
  • 頭痛
Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
Q8 タバコのために自分に精神的問題(※)が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか?
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

※禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

診断・治療方法

禁煙治療では、12週間(約2ヶ月半)で5回の診察を受けます。初回の診察では、喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。2回目以降の診察で禁煙補助薬の処方を受けたり、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したりします。また、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けるようになります。

診療について

禁煙外来(※要予約)の受診を希望される方は、お電話にてご連絡ください。

TEL:0246-43-4175

常磐病院

常磐病院

福島県いわき市常磐

診療科目

外科、内科、小児科、泌尿器科、放射線科、整形外科、腎臓内科、循環器内科、リウマチ・膠原病科、消化器内科、呼吸器内科、婦人科、麻酔科、人工透析内科、リハビリテーション科、救急科、血液内科、乳腺外科

診療時間

9:00〜17:00(小児科18:30)
診療科・曜日によって異なる場合がございます。

外来休診日

日曜・祝日・年末年始・お盆休暇

看護師サイト

女性泌尿器科外来を開設しました