文字サイズ:

骨密度検査骨密度検査

骨密度検査

2016年5月に新X線骨密度測定装置を導入致しました。

骨密度測定には、X線単純写真、超音波装置を用いた方法などがあります。測定する部位も脊椎、前腕(当院の従来の装置)、大腿骨頚部、踵骨、中手骨〔指の骨〕などさまざまです。当院では、骨粗しょう症の診断および治療効果判定に最も多く使用されて精度に優れているDXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)を用いた装置を導入致しました。
DXA法とは、2種類のエネルギーレベルのX線を用いて骨成分を測定する方法です。

検査・測定部について

検査

検査は約5分程、仰向けに寝ていただいた状態で行います。
X線の被曝線量は、胸部X線撮影の約1/5〜1/10程度とごくわずかです。

測定部部位

腰椎と股関節(大腿骨頚部)
(骨粗鬆症診断のガイドラインでも腰椎と股関節(大腿骨頚部)の計測が推奨されています。)

骨密度を測定することにより骨密度の減少を早期に発見し、骨折の原因となる骨粗しょう症の予防や適切な治療を行うことを目的としています。

 

骨密度測定の重要性とリスク

骨密度は定期的に測定することが重要です。
以下に該当する方は、骨粗鬆症のリスクが高いとされています。
●閉経後、または治療により生理を止めている方
●人工透析患者
●慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病を患っている方
●術後
●運動不足・若年期に過度の運動をされていた方
●常習喫煙・過度のアルコール摂取者 など


当院では「骨密度検査」を検診でも受診することが可能です。
お気軽に検診室までお問い合わせください。

常磐病院 健診室