文字サイズ:

先端医学研究センター RIIM先端医学研究センター RIIM

RIIMとは?

「RIIM」は公益財団法人ときわ会内に2016年4月1日に設立された先端医学研究センター(Research Institute of Innovative Medicine)です。
「RIIM」は病気の治療に結びつくような先端医学に関する臨床及び基礎研究を行う研究センターであり、現代医学研究の進展や発展を網羅。ときわ会では地域の皆様の健康維持のため、より高度な医療提供を目指すべく研究結果が医療への還元や地域の皆様の健康増進に結びつくものを目指しています。

RIIM施設紹介

2017年3月、ときわ会 常磐病院内に実験室・事務室が設置されました。新設された実験室には無菌細胞培養施設やDNAの抽出、ゲノム解析のための各種解析機器材が揃えられています。また、検体の管理や保存を行うための冷蔵庫などの管理機器も設置されています。

RIIMが目指すもの


先端医学研究センター(RIIM) センター長
加藤茂明
地域医療への貢献はもちろん、ときわ会が目指す「いわき市から世界へ」のモットーに従い、研究の分野において成果を世界に発信できる研究を目指しています。

活動報告

2016年4月 「RIIM」設立
専任研究員1名が採用されると共に常磐病院内の研究に意欲や興味がある若手医師・医療関係者が参画し研究活動開始
2016年11月 いわき明星大学薬学部と研究連携を開始
2017年4月 いわき明星大学薬学部4階に実験室・教授室が提供される
2017年4月 RIIM専属の実験室・事務室を常磐病院内に設置
2018年6月 福島県復興予算事業(イノベーションコースト)に採択される
2018年11月 専属の博士研究員1名を増員
2019年4月 専属の研究員1名を増員予定

ときわ会では震災直後から地域住民の放射線内部被ばく検査(WBC)を行っており、2015年にこれらの調査結果を科学国際誌に報告。以降、地域の皆様の健康調査や臨床に係る調査、研究成果を医学系国際誌等に公表してまいりました。(ときわ会にて内部被ばく検査を自主的に受診した、いわき市在住の被災民約一万人の調査結果をPLoS One., 10:e0140482, 2015 Akiyama et al., にて報告しました。)また、2017年4月からRIIM及び大学の実験室が使用可能になり、基礎研究を行っています。研究対象としては骨粗鬆症の予防を目指した基礎研究や癌を始めとした各種病態の発症要因や機序に係る基礎研究を行っています。なお、徳島大学医学部藤井節郎記念研究センター及び産業医科大学内科の研究グループ等と密接な共同研究も行っています。

フランス ルイパスツール大学との共同研究

「RIIM」ではフランスのストラブール市にあるルイ・パスツール大学医学部付属の研究所と共同研究を行っています。
RIIMセンター長 加藤茂明が1987年に同大学分子細胞生物遺伝学研究所(IGBMC)にて留学滞在していたことをきっかけに、以来30年以上に渡り研究交流と共同研究を行っています。また2015年4月より同研究所客員教授として、共同研究を通じて同所の若手研究員の研究指導を行っています。同研究所はルイパスツール大学医学部付属の研究所であり、仏国大学医学系研究所としては最大規模、欧州全体でも有数の著名研究所です。約800人が勤務し医学系の分子細胞遺伝医学に係る様々な研究施設が整っています。ルイパスツール大学

共同研究概要

同研究所を創立し、元研究所長のピエール・シャンボン(Pierre Chambon)教授とは、30年来共同研究を実施、女性ホルモン・男性ホルモンやビタミンDによる遺伝子の発現調節機構に関する研究を共同で行ってきました。

研究結果の活用方法

共同研究の成果は前立腺がんや乳がん、骨粗鬆症などの疾患発症の機序を明らかにするものであり、これらの疾患治癒のための医療方針や投薬の指示を提供するものです。また、創薬のシーズや臨床診断マーカーの候補因子を提供するものでもあります。

共同研究の目標・目的

フランス側で研究している内容と日本側で研究している内容を随時情報交換することで、相互的かつ相乗的な効果を期待しています。また、外部からの最新情報を交換する事で、世界の研究や最新技術のトレンドに乗り遅れないようにしています。