文字サイズ:

スタッフブログスタッフブログ


記事タイトル一覧

2017 老健大会 愛媛in松山

2017年08月10日

皆さんこんにちは。

支援相談部の栗原です。

甲子園も始まり、いよいよ「夏」という雰囲気になってきた、今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?? 熱中症には気をつけて下さいね!!

さて、今回は、7/26~28に行われた、全国介護老人保健施設大会 愛媛in松山に参加した様子を報告させて頂きます。

当苑からは、3人が演題を発表させて頂き、私も短期入所を利用している、利用者様の事例を発表しました。

事例のまとめやスライドの作成などには、かなりの時間と労力を要しましたが、色々な方の力を借りて、大会間際に完成し、当日は会場の大きさや人の多さにのまれることもなく、規定時間内で発表を無事終えることができました。

他の2名の発表も何事もなく、無事に終えることができました。

発表の時間以外は、自分が興味のある、演題を各会場へ移動してたくさんの事例や研究内容を聞くことができました。全国の施設で取り組んでいる内容ということもあり、「是非これは、取り入れてやってみたい!!」というような研究事例などがたくさんありました。

観光は、松山城、道後温泉を巡り、食事は鯛飯、じゃこ天、B級グルメを堪能しました。もちろん夜はお酒を頂きましたが、私はみかんハイがあまりにも美味しすぎた為、少し飲み過ぎてしまったことは、ここだけの話です…m(__)m(笑)



少し話は脱線しましたが、このような様々な取り組みを聞いて、聞いたことのないような話をたくさん聞け、刺激をたくさん受けた為、これからの自分の業務にも反映させ、更には施設全体にもフィードバッグし、今まで以上の支援を、利用者様、ご家族へしていきたいと思えた、2泊3日でした。

納涼会♪

2017年07月27日

こんにちは。リハビリテーション部の鈴木です。

夏祭りや花火大会があちらこちらで開催され始めておりますが、みなさま、夏をどうお過ごしですか?


今週、当苑では、納涼会を行いました!

暑い中、気軽に外出しにくい方もいらっしゃることから、"夏の雰囲気を感じていただこう!"
と、風鈴が音を奏でる中、かき氷を準備しました♪

今年は、自動のかき氷機を使い、大きな正方形の氷からシャリシャリかき氷を作りました。さすが自動!みるみる間にふわふわした氷でこんもりした山が出来上がりました。

かき氷には、利用者様に好みのシロップ、練乳をかけるか否かを選んでいただき、食べていただきました。
「(冷たさが)頭にひびくわー。」と氷の舌触りや食べた感覚を話してくれる方、「久しぶりに食べた~。昔はこどもを連れて、祭りに行ったんだ。」と回想しながら話される方など、かき氷からそれぞれが感じる言葉を聞くことができました。おかわりする方もいれば、「氷はきらいだからいらない」と素直に断られる方もおりました。 食べ物は、好みがありますからね~


かき氷は、大人になると、あまり食べなくなってしまうものの一つかもしれませんが、今回、かき氷を通して、夏の雰囲気を感じる機会になった、と思っています。

今後も季節感を感じていただけるような行事を通して、利用者様が笑顔でいられるような時間を作っていきたいと思っています。

『全国介護老人保健施設大会』に向けて…

2017年07月21日

こんにちは、リハビリテーション部の遠藤です。

7月26日~28日に愛媛県松山市で「第28回 全国介護老人保健施設大会」が開催されます。

今年は、看護部、支援相談部、リハビリテーション部から演題を発表しますが、
老健大会本番を前に、施設内で予演会を行いました。
職場内の発表でも、本番同様の緊張感があります(゚Д゚;)

当施設では、毎年、老健大会で演題発表を行っています。
老健大会前の予演会は恒例であり、
発表する側、発表を聞く側、双方に大切な会になっています。

発表する側は、本番を想定し発表の流れや時間の確認、
他職員からの質問や意見を受け、より良い発表にするために内容の見直しと修正につなげます。
そして、発表を聞く側は、各部署の取り組みを知る機会になるとともに、
来年度以降の演題発表につなげています。

施設内での発表を通して、自部署の取り組みを他部署に伝えることができ、
各職種の専門性の理解を深め、より良いチームアプローチにつながると考えています。


たくさんの質問や意見をもとに修正し、本番に向けて、準備は万端!?

鯛めし、じゃこ天、三津浜焼き・・・愛媛のご当地グルメも楽しみにしつつ、
演題発表を頑張ります☆
老健大会に参加される方は、ぜひ発表を見に来てくださいね(^o^)/

日々の取り組み

2017年07月15日

みなさん、こんにちわ!

ケア部門 部門長の遠藤です。

今日のいわきは雲一つない夏空で、熱中症注意ですね!

昨日、短時間の雷雨がありましたが大きな被害は無かったようですね。

九州北部の豪雨では多くの方が被害に遭われ、現在も飲用水や救援物資に困窮している地域もあるようです。

猛暑もあり体調を崩す方もいらっしゃるようで、一刻も早い復旧・復興を望みます。


さて、大雨や洪水といった天災について

当苑の委員会の中に「リスク委員会」があります。

リスク委員会では”災害・事故・身体拘束・CS・苦情etc・・”を対象としており、

今回は、その一つ「事故予防」の取り組みをお伝えしたいと思います。

委員の役割に「リスクの感性を高めること」「客観的な視点で、リスクを見つけること」があり、

定期的に施設内のラウンドを行っています。

ずいぶん前から行っている取り組みで、職員一人一人の意識は高くなっているのですが、

どうしても生じてしまう「”慣れ”の視線」を指摘することは必要です。

指摘を受けた職員は”はっ!!”となるようですね。


全ての事故を無くすことは困難ですが、きちんと危機管理を行い

利用者様が安全に生活できるようこれからも頑張っていきたいと思います。

ハラル食堂に行ってきました♫

2017年07月13日

こんにちは!事務部の藤原です。

今年の1/27にJR湯本駅近くにオープンした“ハラル食堂”は、ときわ会が出店協力を行っています。

ときわ会では、ときわ会職員に異文化を体験して頂こうとハラル食堂での食事会を計画し、先日第一陣と

して、事務所・リハビリテーション部の職員がハラル食堂に行ってきました。

ここで、ハラル食堂について少しご紹介させて頂きたいと思います。

“ハラル料理”とは、イスラム教の戒律に従い豚由来の食材やアルコールを一切に使用せずに調理した料

理のことです。

なかなか私たちには馴染みのない料理ですが、健康や美容に気遣う方など広く親しまれている料理のよう

です。

しかも!!なんとハラル料理の専門店としては東北初出店!!(貴重ですよね!)

どんな料理なのかと期待半分不安半分で行ってみると・・

白を基調とした店内に種類豊富なスパイスが飾ってあり、あまり座席数は多くないものの、逆に親しみや

すい雰囲気に感じました。

それぞれに注文した料理が運ばれ食べてみると、スパイスが効いていてとても美味しい♡♡

カレーは少しピリ辛であと引く辛さになっています。(すこーし辛目なので苦手な人には辛いか

も・・?)

デザートにはトルコアイスも付いてきて、混ぜて少しのびるくらいになってから頂くのがお薦めだとか♪

今回“異文化交流”という意味も込めての体験でしたが、美味しい料理も食べれて、また日本と違う文化

に触れることで、違う文化の魅力を知れたり、また日本文化を改めて好きになれたり、そんな時間を過ご

すことが出来ました。


皆さんも、もし機会があれば是非ご賞味ください♫

記事タイトル一覧

介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑

介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑

福島県いわき市内郷

☎0246-27-1117

採用情報

女性泌尿器科外来を開設しました