文字サイズ:

スタッフブログスタッフブログ


記事タイトル一覧

豆まきをしました!

2018年02月04日

みなさん、こんにちは。支援相談部の大平です。

昨日は、2月3日節分でしたね。

自宅で豆まきをして、恵方巻を食べた方も多いのではないでしょうか?


節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったもので、

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があるそうです。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって

大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」

に通じるということだとか・・・。



当苑でも、昨日苑内で豆まきを行いました。

年男、年女の利用者様を紹介後、

赤鬼、青鬼目がけて、一斉に豆まきを行いました。


2階では、鬼が、「福はー内!、鬼はー外!」と声を上げていた

そうですが・・・(*^_^*)


普段、体を動かすことが少ない方も、楽しみながら、

豆まきを行っていたようです。

中には、鬼に気を使って、優しく投げてくれた方もいたとか・・・。


昼食は、巻き寿司とお稲荷さんで、節分の雰囲気を味わいました(^^♪

今年も皆様が健康で元気に暮らせますように。

感染予防について

2018年01月24日

こんにちは、事務部の藤原です。
インフルエンザや、ノロウイルスが流行する時期になりました。
楢葉ときわ苑でも毎年流行時期には、マスク着用の徹底や、ご家族の面会時間等の制限をさせて頂いています。

感染予防対策の一つに『手洗いの基本』があります。
今回は、実際に施設で行っている手洗い方法についてご紹介したいと思います。
1.流水で流します
2.石鹸(ハンドソープなど)を泡立てて、手の平・手の甲・指の間を洗います
3.親指から順番に一本ずつ荒い、最後は手首まで
4.泡と汚れを流水で流し、タオルなどでしっかり拭きます
時間は30秒が目安となります
時間をかけて手洗いを行うことは面倒かもしれませんが、基本を一つ一つ丁寧にすることで予防に繋がりますので、感染しない為にも、させない為にも絶対に必要なことです。

いわき市ではインフルエンザが警報レベルになるなど、しばらくは感染症の流行する時期が続きますので、職員一同、自身の体調管理も含め、利用者様の体調管理に努めていきたいと思います。

いわき市にも雪が積もりました

2018年01月23日

こんにちは。支援相談員の馬目です。


非常に強い寒波が日本に押し寄せ、昨日から日本全国で大雪となりました。


いわき市でも、昨日夕方から雪が降り始め、久しぶりに10センチくらいの雪が積もりました。


そのため、本日の通所リハビリテーションは、送迎時の転倒や事故のリスクを考慮し、お休みとさせていただきました。


雪は明け方にはやんで、朝には陽射しが戻り、そのおかげで当苑駐車場の雪はきれいになくなっています。


敷地内の幼稚園の庭に雪が残っていますが、今日はある程度気温もあがる予報なので、それも溶けてしまいそうです。


今日の夕方にも雪の予報も出ており、週末に向けて気温もかなり低くなるようです。


この寒さもあり、利用者様の中には体調を崩される方もいらっしゃいますが、早期発見・早期対応ができるように注意していきたいと思います。

今年の抱負・願い

2018年01月08日

こんにちは、支援相談部の若松です。


本年もよろしくお願いいたします。


2018年、年が明けて8日が経ちましたね!


皆さんは、今年1年どんな年にしたいとお考えですか?


苑内には、利用者様の今年の抱負や願いが飾ってあります。


健康に関すること、リハビリを頑張ること、家族と過ごすことなどなど。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。


当苑では、利用者様の抱負や願いが達成できるように、利用者様の想いに寄り添い、今年1年笑顔で楽しく過ごしていただけるよう支援してまいります。


ちなみに・・・今年の干支「戌」の主役 ののちゃんの今年1年の抱負は、、、

『今年こそ、体重7.0kg!!U◕ܫ◕U』    1/8現在、7.4kgです (笑)

新年のご挨拶

2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。


震災以降、楢葉ときわ苑として七度目の新年を迎えることができました。これもひとえに皆様からのご声援、ご指導の賜物と深く感謝申し上げます。


昨年は介護保険法で定められた介護老人保健施設(以下、老健)の定義が改定され、老健は要介護者の在宅生活継続を支援するための施設という位置づけが明示されました。それを受けて当施設では、短時間通所リハビリの開設、ならびに、在宅復帰を含む在宅生活を支援するための取り組みを開始させていただきました。昨年を振り返りますと、私共にとっては老健として新たな役割を果たすべく動き出した一年であったと感じます。


そして本年は診療報酬・介護報酬の同時改定が控えており、国が老健に求める役割が、より具体的な形で示されることになります。改定内容を踏まえながら、今まで以上に皆様により良いサービスを提供できるよう施設として努めてまいります。


さて、当施設には「利用者様中心のサービスを徹底し、利用者様やご家族、地域が元気になるような支援を実践いたします」という基本方針がございます。利用者様やご家族の想いに寄り添いながら、所属する多くの専門職が質の高い支援を提供することで、地域の皆様に貢献できる施設でありたいという思いを込めて定めました。


私達はこの基本方針を胸に、国が老健に求める役割、そして、被災地の施設としての役割の両方を全うするべく、職員が一丸となって誠実に取り組んでいく所存でございますので、本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い致します。


末筆ながら、皆様のご多幸とご健康を祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。


楢葉ときわ苑 施設長
木田 佳和

記事タイトル一覧

介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑

介護老人保健施設 仮設楢葉ときわ苑

福島県いわき市内郷

☎0246-27-1117

採用情報

女性泌尿器科外来を開設しました