文字サイズ:

すまいりすとすまいりすと

今月の「輝き!すまいりすと」Vol.50 2010年12月
狩谷静江(かりやしずえ) いわき泌尿器科病院 看護部 〜「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。多くのみなさんに、心から感謝の想いでいっぱいです 〜

夜はトンネルで過ごしながら…

戦時中に茨城県日立市で生まれました。激しい空襲を受けて一面の焼け野原となった街をあとに、湯本にいる母方の親戚を頼って、戦火を逃れてきました。私がまだ4歳の頃のことですが、そのときの様子は今でも良く覚えています。

一家総出、夜は途中にある山あいの隧道(トンネル)で過ごしながら、日立から湯本まで、まる3日かけて家族みんなで歩きました。

「とにかく手に職を」

以来、湯本で育って中学校を卒業後、看護学校に入学。戦後まもなく、まだ高校への進学率が10%そこそこという時代のこと。「生きていくためにはとにかく手に職をつけることが大切だよ」、女手ひとつで苦労しながら3人の子供を育ててくれた母親からの教えでした。

そうした事情で一旦は断念した高校進学でしたが、やはり勉強したいという想いをあきらめることができず、看護師として働きながら定時制の高校に通いました。

勉強、勉強、勉強の看護師人生

最初に勤務した共立病院が、その当時は全寮制だったことから、結婚に際して一度退職、住まいのある平で子育てをしつつ、昭和48年に開校したばかり松村高等看護学院の創立一期生として学びました。

改めて振り返ってみますと、准看護学校、高等看護学校、定時制高校、そして高等看護学院。ずっと、勉強、勉強、勉強続きの看護師人生でした。医療という分野で働く職業婦人であると同時に、妻であり、母親であり、そして学生でもあり続けたわけです。

そんな母親の背中を見て育ったのでしょうか、ともに医療の道に進んだふたりの娘が今も話すのですが、私が布団に入って眠っているのを見たことがない、と。彼女たちの記憶のなかにあるのは、いつもこたつで勉強している私の後姿なのだそうです。

つらいとか大変だとかいったようには感じませんでした。きっと知りたがりなのでしょうね、どんなことについても理解したいと、幼い頃から思ってきたのです。

一生懸命になれば、決して不可能はない。人間生涯勉強と云いますが、私自身のなかで向学の想いは、今も衰えませんね。

管理職としてときわ会へ

ときわ会への転進は今から16年前。それまで様々な医療機関で管理職として仕事をしていましたので、その経験を活かしてほしいとのお言葉を頂戴しての入職でした。

以来、主として管理面、教育や指導といった分野を中心に、ときわ会の活動基盤の充実や成長とともに、広範な職務に携わらせていただくことができました。定年を迎えてからは、ひとりの看護師という立場で、訪問看護、訪問診療を担当しています。

看護師としての歴史は、今年で50年になるんですよ。

実るほど…

長いキャリアを歩んできた看護師のひとりとして、周囲のみなさんからの支えを頂戴しながらだからこそ、現在の私があるのだと思っています。

自らの内なる厳しさ、そしてまた同時に、周囲への心配りの大切さ。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。多くのみなさんに心から感謝の想いでいっぱいです。

プールとサウナの日課

歳を重ねても、やっぱり元気ではつらつとしていたいですね。20年以上前からスポーツジムに通ってプールに入っています。膝や腰への負担がかからないよう、泳ぐのではなく水の中を歩くんです。一週間の回数ですか?毎日ですよ(笑)。

仕事を終えてジムに行き、水中ウォークを30分。サウナで1時間たっぷりと汗を流してから、シャワーを浴びて帰宅という日課。その効果なのでしょうね、体のどこかに痛みや不調を感じるといったことは全然なくて、もっぱらエレベーターやエスカレーター要らず、階段がちっとも苦になりません!

いいちこの晩酌

毎週自分でハンドルを握って常磐自動車道を疾走、週末は東京で過ごします。いわきで勤務する平日はこちらにある家でのひとり住まい、毎日の晩酌がとても楽しみです♪

銘柄はいいちこ(麦焼酎の人気銘柄)、度数は20度。大きなグラスに氷をたくさん入れて、いいちこを半分注いでから、ウーロン茶割りで飲むのが私の流儀です。若い頃はもっとたくさん飲めたのですが、最近ではほろ酔いになるのが早くなりましたね。

タジン鍋のお肉料理

そしてもうひとつ。私、お料理が大好きなんです。お店で売っているお惣菜が苦手で、すべて自分の手料理です。朝、仕事に出かける前にその日の夕食を準備しておいて、スポーツジムから帰って晩酌の肴に。たいてい3種類くらいは作っておきますね。

昔からほとんど野菜とお魚中心のメニューばかりで、お肉は食べず嫌いだったのですが、今年の夏、東京で暮らす孫と一緒にバラ肉を食べたんです。お肉が大好物の孫に「ぜひ一緒に」とすすめられ、半信半疑でひと口だけ食べてみたのですが、その美味しかったこと!

年齢的には筋肉をつけるためにお肉が良いのかもと思い、それからはすっかりお肉にハマっています。タジン鍋(モロッコ地方の料理に使われる土鍋、最近は日本でも人気)を使い、キャベツとお肉を蒸しあげて、ポン酢をつけていただくんです。…もう本当にたまらない美味しさですね。

ずっと長い間コマーシャルが気になっていたケンタッキー・フライドチキンも、実は最近になってその美味しさを初体験しました!

パラダイスの看護師

いつの日か海外に移住して、現地の医療に携わることができたらというのが夢です。

真っ青で美しい海と明るい太陽が輝くハワイで伸びやかに暮らす看護師、なんて想像するだけで素敵ですよね♪