文字サイズ:

ときわ会の透析治療ときわ会の透析治療

ときわ会グループの透析治療では、最新の医療と装置で、最善の透析環境をご提供できるように努めております。
また医療のみならず生活全般において、患者さまのすべてをサポートできる全人的なケアの提供を目指しております。

ときわ会グループでは、慢性腎不全の治療として、血液透析、腹膜透析、腎移植をいずれも行うことができます。
そのため、現在、血液透析治療を選択されている方も、希望があれば腎移植や腹膜透析を選択することが可能です。
治療法の変更には、常磐病院人工透析センター長 川口洋をはじめとする経験豊富な医師がアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

血液透析の治療時間や回数は、症状や採血結果をもとに患者さまの病状や生活スタイルを最大限に考慮し決定しております。
昨今、透析技術は急速に進歩しており、また透析合併症に用いる新規薬剤も多く発表されています。
患者さまのそれぞれの病状に合わせた、至適透析を行うことで、みなさまの生活の質のできうる限りの向上を目指しています。

しかしながら長期間の透析治療を受けながら、より質の高い生活(合併症の少ない)をすごしていただくためには、患者さま自身が適切な食事や生活習慣について知識を持ち、その知識に基づき生活を送っていただくことが重要になります。
患者さまやそのご家族が正しい知識を習得できるように、医師はもちろんのこと看護師や管理栄養士を含めた透析スタッフが、様々な側面からサポートさせていただきます。

透析治療における生命を脅かす合併症として注意しなければいけないのが、心血管系の疾患や悪性腫瘍の発生になります。
これらの病気は早期に発見することで、重症化する前に治療することができます。
そこでときわ会グループでは、最新の画像診断機器(PET- CT、CT、MRI、エコー)や検査機器(体成分分析装置、四肢血圧脈波測定装置)を整備し、長期透析に伴う合併症の早期発見、早期治療を常に心がけております。

みなさまの快適な透析をサポートするために、ときわ会グループでは医療相談員を配置しています。
医療上の問題のみならず日常生活での諸問題に関する御相談を受け付けており、介護や医療費に関する各種福祉サービスのご紹介を適宜いたしております。