文字サイズ:

SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とはSAS(睡眠時無呼吸症候群)は、睡眠時に呼吸が止まる病気です。「SAS(サス)」とはSleep Apnea Syndromeの略で、医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を“無呼吸”と定義し、無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば「睡眠時無呼吸」です。
寝ている間の無呼吸は自分ではなかなか気付くことができないため、日本の潜在患者数は300万人以上とも言われています。

このような方はご注意ください

  • タバコを吸う
  • お酒が大好き。また就寝前の飲酒が習慣化している
  • 肥満体質。暴飲暴食をすることがある
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症である。または疑いがある

「SAS」は「太った男性がかかる病気」というイメージがあるかもしれませんが、痩せている人も、女性もかかる病気です。顔や首まわりの形体的特徴が発症と強く関連するため、体型や性別に関わらず発症する可能性があります。

SASになりやすい形体的特徴

  • 首が太く短い
  • 首まわりに脂肪が目立つ
  • 下あごが小さい、小顔である
  • 歯並びが悪い
  • 舌や舌の付け根が大きい

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の危険性

「SAS」は、質の高い睡眠が取れないため、起きている最中に強い眠気に襲われることがあります。集中力が散漫になり些細なミスを繰り返だけでなく、車の運転時に交通事故を起こしてしまう可能性も高まります。また、高血圧・心臓病・脳卒中・糖尿病などの合併症を招く危険性もあります。

SASセルフチェック

  • 毎晩、大きなイビキをかきますか?
  • 昼間、眠くなることがありますか?(居眠り運転をしそうになったり、会議中にうとうとしてしまうことがよくありますか?)
  • 朝起きたとき、寝たはずなのに疲れが残っている感じや頭重感・頭痛がありますか?
  • メタボリックシンドロームの傾向はありますか?
  • 「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがありますか?

これらに該当する方は、ぜひ常磐病院の「SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療」外来の受診をおすすめします。

診療について

完全予約制です。再診の患者さまも予約をおとりください。

なお「スマホ通院(遠隔診療)」も行っております。こちらもぜひご覧ください。

常磐病院の遠隔診療

遠隔診療の予約はこちら

診療日時 火曜日 9:00〜11:30
金曜日 14:00〜16:30
担当医 佐藤亜紀医師

予約される方は電話にて「睡眠時無呼吸症候群外来の予約」とお申し付けください。
TEL:0246-43-4175(代表)

常磐病院

常磐病院

福島県いわき市常磐

診療科目

外科、内科、小児科、泌尿器科、放射線科、整形外科、腎臓内科、循環器内科、リウマチ・膠原病科、消化器内科、呼吸器内科、婦人科、麻酔科、人工透析内科、リハビリテーション科、救急科、血液内科

診療時間

9:00〜17:00(小児科18:30)
診療科・曜日によって異なる場合がございます。

外来休診日

日曜・祝日・年末年始・お盆休暇

看護師サイト

女性泌尿器科外来を開設しました