新人教育プログラム|ときわ会グループの教育

 新人看護師が職場に慣れ、基本的な臨床実践能力を獲得するためプログラムをもとに教育を行っています。
 1年目の新人にとって大きな壁となるのが、理想の看護と現実のギャップにとまどい、自信を失ってしまう「リアリティショック」です。
 そこで、実際の現場に入る前に7日間の集団研修を行っています。学校で学んできたことを復習しながら、実際の基準や手順に従って講義や演習を行っています。

新人1年目の教育プログラム 講義・実習項目

4月 5~6月
・感染対策①
・看護必要度
・排泄ケア:
 オムツ交換、陰部洗浄
 尿器・便器の使い方
・死後の処置
・看護記録
・バイタルサイン測定
・フィジカルアセスメント
・栄養管理:経管栄養、濃厚流動食
・注射法
・採血の仕方
・患者移送、トランス法
・オーダリング
・口腔ケア
・尿道留置カテーテル管理、導尿
・看護倫理
・清潔ケア
・医療安全①
・薬剤管理:麻薬管理
・輸液ポンプ、シリンジポンプの使い方
7月~9月
・輸血の準備と観察
・救急蘇生
・モニター、人工呼吸器
10月~12月
・感染管理②
・医療安全②
定期実施
・管理者面談
・臨床心理士によるストレスマネジメント
・新人懇談会(フリートーク)

期待される看護師像

1年後の目標

1. 専門的職業人・社会人としての自覚を持ち、責任ある行動がとれる
2. 心身健康にケアすることができる
3. 基礎看護の知識・技術・態度の習得ができ、安全な看護が提供できる

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
・職場環境に慣れる。
・報告、連絡、相談ができる。
・スタッフとのコミュニケーションが図れる。
・日常業務の流れが分かる。
・軽症患者の受け持ちができる。(1~2名程度記録含む)
・基本的な看護技術を習得して実施できる。
*4月
集合研修。
・夜勤勤務までに必要な知識を習得できる。
・入院時の対応ができる。
・緊急時の対応が分かる
*3月
1年を振り返り、次年度の課題を抽出する。
・3~6名の患者を受け持ち優先順位を立てて業務遂行ができる。
・個別性に応じた看護ケアを提供することができる。
・緊急時の対応ができる。
・患者、家族に対して、精神面へのサポートができる。
・周囲へ目を向けられる。
・メンバーとしての役割を果たすことができる。